土地を売りたい

土地を持つ・維持するデメリットってあるの?

 

土地を持っている事、そして維持することにデメリットというものはあるのでしょうか。

 

まず、土地は持っているだけでも必要になる費用が発生します。
毎年固定資産税や、都市計画税といった税金を納税する必要があります。
毎年1月1日の時点で土地を所有している人は、所有しているとうことだけで毎年固定資産税や都市計画税という税金が掛かってきます。


たとえ、その土地を活用していなくても、税金が必要なんです。

 

さらに、土地は放置しておけば荒れ地となり、雑草が多い茂ってしまったりします。
このような事を起こすとその土地がある地方自治体などから苦情が来ることも十分に考えられるため、土地を維持管理する費用も発生するということになります。

 

また、その土地を持っている人が亡くなってしまった場合、その土地を相続する人に大きな負担がかかってしまう事が考えられます。
土地を相続することによって、相続人には相続税を納税する義務が生じます。土地を売却することで相続税を支払う事が出来るのではないか。と考えるかもしれませんが、その土地が確実に売却できるという保証はありません。

 

売却できなければ相続税を納税することが出来なくなってしまう。ということも考えられます。

 

土地に何か建物などが立っている状態であれば、ある程度優遇措置が講じられる可能性がありますが、更地の場合には、優遇もありませんので、相続税が重くのしかかる可能性があります。

 

土地などの不動産資産は、明確な運用方法を決めて持っていなければ金食い虫に成ってしまいます。
しかし、ちゃんとした運用が出来ればそれこそ資産に成るのです。

土地を持つ・維持するデメリットってあるの?記事一覧

土地を持つ・維持するデメリット(相続税)

土地を相続する事で一番悩ましいのが相続税ですね。相続しても相続税は払えない。でも土地も売れなかったなんてことに成ったら、別の財産を売らなければならなく成ることも多いのです。

≫続きを読む