ローンの残っている土地

土地を売る時の疑問、ローンの残っている土地は売れる?

 

購入した土地を売りたいと思ったときに、一つ気になるのがローンを組んで購入した土地の場合、ローンが残っていても売れるのだろうか?という点ですよね。

 

土地は決して安い買い物ではないので、ローンを組んで購入したという人も多いと思います。


 

まずここで確認しておきたいのは、その土地を購入した時に組んだローンの状況です。
この状況次第では、簡単に土地を売ることが出来ますし、逆に状況次第では、場合によっては売ることが出来ない事もあります。

 

まず、土地を購入する時、ローンを組み資金繰りをした場合、土地を担保にしてローンを組む。という人は多いですよね?
ただ、土地を購入する時、ローンを組んでも他の担保を差し出していれば、とくにローンを完済させずとも、土地は売ることが出来ます。

 

ただ、一般的には購入した土地を担保にしてローンを組むことが多くなります。
その場合、ローンを完済させなければ、土地を売却することが出来ないんです。

 

その理由は、土地に抵当権が設定されているためなんです。
この抵当権というのは、万が一ローンの返済が出来なかった場合、抵当権を持つ人が抵当権を主張して、競売にかけてローンの返済に充てることが出来るんです。

 

これは所有者が変わっていたとしても、抵当権が残っていれば、抵当権を持っている人は競売にかけることができます。
土地を売るとき、このようないつ競売に欠けられてしまうかわからない土地を買いたい。という人は普通に考えればいませんよね。

 

土地を売却代金でローンが完済できれば問題がありません。
売却代金を受け取ったと同時に、金融機関がローン残高を引落、抵当権を外すことが出来ます。
大幅に購入価格よりも売却価格が低く、完済させる資金がない時には、抵当権が外せないため、売却ができないことがあります。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます