一般媒介

土地売却の一般媒介について

 

 

土地を売却しようと思う時には、多くの人が不動産会社に仲介を依頼して、買主を探してもらうことになります。

 

この不動産会社に仲介を依頼する契約の方法として、一般媒介契約というものがあります。
一般媒介契約というものを簡単に説明すると、複数の不動産会社と契約をして、幅広く売却活動を行うことが出来る契約になります。


土地売却、一般媒介って何?

 

例えば、不動産屋に知り合いなどがいないため、どこが信頼できるか分からない。
もしかしたら知り合いが土地を買ってくれるかもしれない。というような時には、一般媒介契約で土地の売却活動をするというのはおススメです。

 

まずは信頼する不動産会社を探すということを目的に、いくつかの不動産会社に販売活動を依頼すれば、その会社が実際に責任をもって販売活動をしてくれるのかというようなことが分かりやすいですよね。

 

また、もしかしたら知り合いが買ってくれるかもしれないというようなときに、売り主が直接買主を探して売却をすることが出来ない契約を交わしていたら、違約金などが発生してしまう可能性がありますが、一般媒介契約の場合には、このような時でも直接買主と売買契約を結ぶこともできます。

 

一般媒介契約は比較的自由度が高い、契約方式なんですよ。
ただ、自由度が高い分、不動産会社は積極的な販売活動をする義務がないので、思っていたよりも販売活動をしてもらえないこともあります。

土地売却、一般媒介のメリット・デメリット

 

 

土地売却における一般媒介契約のメリットは、複数の不動産会社と契約が出来、自身でも買主と直接売買契約を結べる点です。

 

デメリットは、不動産会社には報告義務がなく、また積極的な販売活動も期待できません。

 

不動産会社と結ぶ土地売却の販売活動の契約の一つである一般媒介契約ですが、この契約のメリットとデメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか。


メリット

まずメリットとしては、複数の不動産会社と契約をすることが出来るので、幅広く販売活動をすることが出来ます。

 

また自分で買主を見つけた時には、直接買主と売買契約をすることが出来るため、仲介手数料を支払うことなく、売買を成立させることが出来るケースもあります。

 

デメリット

何となくよさそうな契約方式、と思うかもしれませんが、実はデメリットもあります。

 

まずは、不動産会社は販売活動を行った報告というものを、定期的に行う必要性がありません。
売主が、状況はどのような間でしょうか?と尋ねない限り、不動産会社は特に報告を行う義務がないために、報告書を提出しなくても良いんです。

 

さらに、不動産会社が利用する不動産サイトである「レインズ」に登録する義務もないので、実際には幅広く買主を探すことが出来ない。とも言われています。

 

売主にとって魅力的とうつる複数の不動産会社と契約できるということも、不動産会社からしてみれば、販売活動をしても、もしかしたら他の不動産会社が買主を見つけて契約してしまい、結果として徒労に終わる可能性もある。ということになります。

 

費用をかけて積極的な販売活動を行わないケースもあります。
不動産会社としては、自分の会社が仲介して契約をしないことには、収益を上げることが出来ません。そのため、積極的な販売活動をしずらいという事情もあるんですよ。

まとめ 複数の不動産会社と契約ができる!

 

複数の不動産会社と契約をして、幅広く売却活動を行うことが出来る契約です。
メリットとしては複数の不動産と契約をすることが出来るので、直接買主と売買契約をすることが出来るため、仲介手数料を支払うことなく、売買を成立させることが出来るケースもあります。

 

ただし不動産会社としては自分の会社が仲介して契約をしないことには、収益を上げることが出来ませないので、積極的な販売活動をしずらいという点もあるようです。こういったデメリットも覚えておくことが大切でしょう。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます