売る 貸す

空いた土地「売る」か「貸す」かどちらがいい?

 

何かしらの理由で所有することになった空いた土地、売った方がいいのか、貸したほうがいいのか迷っている。という人もいると思います。

 

実際に売った方がいいのでしょうか?貸したほうがいいのでしょうか?

 

まず、その土地によってもどちらが良いんかという点は変わってきます。


土地を売るとどうなるのかというと、売却すれば売却益を得ることが出来ます。

 

単純に言えば、現金を手にすることが出来るというのがメリットですが、売却をするというのは買い手がいなければ成立しませんよね。
売却したいと思っても、買い手が付かないような土地であれば、いつまでも買い手を探している状態になるので、メリットがないことになります。では、貸す場合にはどうでしょうか。

 

土地を貸す場合にはいくつかの方法があります。

 

宅地として貸すのか、駐車場として貸すのか、広い土地であれば店舗や事務所、倉庫などの用地として貸し出すというケースもありますよね。
貸せば土地を管理する必要もあまりなくなりますし、賃料という収益を上げ続けることが出来ます。

 

ただ、何かしらの理由で土地を手放さなければならなくなったとき、簡単い土地を売ることが出来なくなります。

 

土地に建物を建ててしまった場合などは、そう簡単に引き渡しを求めることもできませんよね。

 

空いた土地は売った方が良いのか、貸したほうが良いのかというのは、その土地の状態、立地、所有者の状況などによっても、変わってくるというのが、実情ですよね。

 

土地だけだったら売ってしまったほうが確実だと言う意見も有ります。
駅前など駐車場需要のある土地でしたら収益になりますが、片田舎の空き地では何にもならないというのが現状ですからね。

 

ソーラー発電で売電収益という手も無きにしも非ずですが、元が取れるのは20年先です…。

 

⇒ 土地の立地条件と査定価格の関係

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます