立地条件と査定価格の関係

土地の立地条件と査定価格の関係

 

土地と一言でいっても、実はさまざまな条件によってその価格というのは大きく変わります。

 

例えば、分譲住宅地を見てみた時に、同じような面積、同じような住宅が立ち並んでいても、よく見るとそれぞれの住宅の価格は少しずつ違いますよね。
これは、同じような場所にある土地でも、立地条件によって土地の価格はかわり、査定価格も変わってくるからなんです。


土地の価格というのは、いったいどのように変わってくるのでしょうか。

 

まずは土地の形と面積というものがあります。三角形の土地よりは、やはり四角い土地の方が使いやすいので査定は高くなります。
住宅を建てた時、南向きに広い開口部が儲けることが出来るような土地と、どうしても開口部が北側に広くなる土地であれば、南側に広い開口部が来る土地の方が、やはり査定額は高くなります。

 

土地は必ず何かしらの道路に面している必要があります。
この道路が適度であることも重要です。
広すぎる道路であれば当然交通量も多く、騒音や振動の問題が出てきます。でも、狭すぎる道路では通行が不便ですよね。
道路は一面だけが接しているよりは、土地の2面が道路に接している方が利便性が高いといったものもあります。

 

最も高い査定が付くのは、4m位の道路が2面に接する南東角地になります。

 

このように、同じような土地だと思っても、実は立地条件によって、査定価格が大きく変わってくるんですよ。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます