土地を売りたい

【土地を売りたい時の道標】家・土地・不動産の売却のいろは!

 

元々僕は、不動産屋で働いていました。
放置されている土地を見ていつも思っていた事が有ります。

 

もったいない事しているなと…。。

 

空いる土地は、放っておくことが一番勿体無い状態だと認識してください。


 

まず、固定資産税は掛かります。
土地は眠らせてい置くだけで維持費がかかります。

 

でも一番良いのは売ってしまうのがトータルコストでも安上がりなのですが、そうそう簡単に結論を出せるものではありませんよね。

 

多分皆こう思っているはず…。

 

よく分からないから
詳しい人がいたら聞いてみよう!

 

それまでは少し保留しておくしかない。

 

確かに簡単に売却したいけど、損もしたくないのがだr絵師も思う事ですが、結果的に損をしているということに中々気付かないのです。

 

 

空いてる土地、どうしたら良いの?

 

相続などをしたために、空いた土地を所有していどうしたら良いか迷っている。という方もいるのではないでしょうか。

 

土地は所有していればそれだけで毎年税金を支払う必要がありますので、コストがかかるということになりますよね。
また、古屋などがあればメンテナンスの必要がありますし、土地のみの場合でも、雑草が生えないようにお手入れの必要もあります。


 

ではどうするのが一番いいのか?例を上げてみますね!

 

街中などに空いた土地で、あまり広さないという場合には「三井のリパーク」や「タイムズ駐車場」などに相談して駐車場経営をしてみるという方法もおすすめです。

 

ある程度まとまった土地である場合であれば、アパート経営などを行ってみてもいいですよね。
「大東建設」や「大和ハウス工業」といった賃貸住宅経営のパートナーとなってもらうことが出来る不動産会社に問い合わせをしてみると、実際にアパート経営に向いている土地かどうかなど相談に乗ってもらうことが出来ます。

 

ある程度郊外に広い土地があるという場合には、太陽光発電システムを使ったメガソーラーなどを計画する人も多くいましたが、現在この太陽光発電システムで発電した電力の買取価格が低価格化してきていますので、あまりお勧めではありません。

 

駐車場経営は比較的コストは低く抑えることが出来ますが、アパート経営などになってくると初期投資も必要になります。あまりコストをかけたくない、資金がない場合には、やはり売却を検討するのが最も良い方法にはなってきますよね。

 

ではこの土地、活用するのと売却して現金にしてしまうのとではどちらが良いのでしょうか?
この活用か売却かは、ズバリ立地条件によってかなり大きく変わります。

 

この立地条件を知ると自ずと土地の価値も分かってきますのでこの立地条件の中身を調べる必要が有るのです。

「売る」のと「活用」するのはどちらが良い?

 

空いている土地を売るのと活用するのはどちらが良いのかというのは、どちらにも一長一短があるといえます。

 

まず、土地を売る場合には、税金の支払いをする必要がなくなる点、現金という資金が沢山手に入れることができるというメリットがあります。ただし、土地を売るというのは決して簡単なわけではなく、場合によっては売り出しをしてもなかなか買い手が見つからないというケースがあります。


 

 

また、土地の売却にあたっては不動産仲介会社などに依頼をして、土地の査定をしてもらい、その土地の売価を考え、販売し、売買が成立した場合には、仲介手数料を支払うという必要もありますよね。

 

 

では、活用する場合にはどうなのでしょうか。
土地によってはその活用法は変わります。
土地に合った活用法をしなければ、せっかく投資をしてもその投資金額を回収することが出来ないケースも出てきます。

 

例えば、アパートを建設して貸し出しをしても、需要がなければ部屋が空き部屋のまま収益が上がらないケースもあります。
建物を建てたことで当然固定資産税や都市計画税などもアップしますので、結果的に大きな損失を発生させてしまう可能性もあります。

 

一時期人気になった太陽光発電システムも、電気の売価が安くなってしまったり、メンテナンスに莫大な費用が掛かった、というようなケースも出てきています。活用するのであれば、その土地に合った活用法をしっかりと相談に乗ってもらうことが出来るパートナー会社を探して、そこからスタートすることをお勧めします。

 

この様に実は土地の使い方って色々有るのです。
そんな中から、土地の立地条件や価値によって最適な使い方っていうものが有るのですが、その使い方を調べる前に先ずすることが有ります。
それはその土地の価値を正確に把握すること!

 

何はともあれここからが土地を扱う時のスタート地点になるのです。

土地の価値を知る重要性!

 

土地を利用して事業をするにも、売却するにしてもその土地の価値を知るということが一番重要なポイントです。

 

ではこの土地の価値とはどうやって決まっているのか?
また、どう言った方法で価値を知ればいいのでしょうか?


土地の価格・価値を調べる方法としては幾つか方法が有ります。

 

  • 地元の不動産会社のチラシを見る
  • 不動産屋さんに査定してもらう

 

ほぼこの2つになります

 

地元の不動産会社のチラシを見る

このチラシをチェックする方法は大まかに見たいときに有効です。
見るポイントは同市の更地になっている土地の価格をチェックすることです。
ココで気をつけたいことは建売物件や建物が残っている物件は参考にしないことです。
上物が査定評価を下げてしまっていることが考えられますので、更地の価格をチェックすることです。

不動産屋さんに査定してもらう

一番確実なのは、不動産屋さんに査定してもらうことです。
不動産屋は土地家屋調査士灯の資格を持っている人が絶対にいます。
この有資格者に適正な評価をしてもらうことが一番確かな方法ですので、気になるようでしたら一度診てもらうと良いでしょう。
この査定評価は基本的に無料でやってくれますので、売る気がなくても相談して見る価値は有ります。

この様な方法を使い先ず、土地の価値を知ることが、土地を扱う上で最も重要になってきます。
この価値次第で運用を考えても良いですし、売却を考えても良いのです。
またココで出会った不動産と土地のことについて相談しても良いのです。

 

何しろ相手はプロですから、色々な情報を教えてくれますよ!

 

特に評価価格が左右される立地条件の事など事細かく知っているのです。

 

土地を売りたい時にまず最初にしたこと(体験談)

 

土地を売ろうと思う時に、まず最初に何をしたらいいのかというのは、多くの人が悩むことになります。
一般の人が土地を売却するという行為を行うことは、基本的にはあまり多くはないですよね。

 

そこで、実施に土地を売ったという方に、その時どうしたのかということを書きますね!。


やはりまずは不動産会社に査定を依頼することが必要なのかなと思いました。
でも、不動産会社と一言でいっても、実にいろいろな会社があるんですよね。

 

一度は耳にしたことがあるような大きな会社、地元系の小さな会社、それに最近では土地の有効活用をしませんか?といったような会社も。どこがいいのか分からないので、まず最初に行ったのはインターネットでの検索でした。

 

「土地 売る どうする?」という感じ検索をして、そこで知ったのは土地を売るときにはまず実際の近隣で売却されている土地の相場を確認する。ということでした。

 

確かに、どのくらいが一般的な価格なのかということをしっかり知らないと、査定してもらったとしてもそれが妥当なのかどうかということは分からないですよね。
だからと言っても、自分が売ろうとしている土地と同じ条件の土地というものがあるわけではないので、あくまでも目安を知るということくらいになりました。そして、次に不動産会社に査定をしてもらうということになりますが、これも一件ではなくいくつかの不動産会社で査定をしてもらうことが大切というのを、インターネットで学んだんで、「イエイ」の不動産一括査定依頼サービスを利用して査定をしてもらったんですよ。

 

どうやって売るの?

 

土地を売る時って何だか怖くないですか?

 

失敗も損もすればかなり大きな金額ですから、やっぱり慎重に動いた方がいいんですよね。

 

そんな時に助かるのが「イエイ」でした。

 

簡単に住んでいる地元の不動産屋さんをまとめて紹介してくれるので安心できたんです。


空いている土地があるという方の場合、まずはその土地を売却した方がいいのか、有効活用することが出来そうなのかという点を、見極めることも大切になってきます。
そのためにも、一度査定をしてもらうという方法がお勧めですね。

 

土地の査定は1つの不動産会社だけではなく、複数の不動産会社で査定をしてもらうほうが良いと言われています。
理由としては、実は土地の査定というのは、不動産会社によっても大きく異なることがあるからなんです。

 

不動産会社の場合、その土地の相場を確認し、さらにその土地を売却するときに、自分のところであれば、どのような価格帯であれば売却できそうかということを考えて査定をすることになります。
地元の不動産会社であれば、比較的低価格て確実に販売できる金額の査定をすることが多く、住友不動産や三井不動産といった全国展開の大手不動産会社の場合には、販売力もあるために、まずは強気な査定で販売を行い、状況を見ながら価格を見直していくといった戦略で、販売活動をしてみようという提案をしてくる可能性もあります。
大和ハウス工業や新日本建設など、建設会社で査定をしてもらうと、その土地の有効活用を考えた査定を算出してもらうことも可能です。
そのため、この地元系の不動産会社、大手不動産会社、土地有効活用を案内してくれる建設会社といった3つの分野の会社で査定をしてもらうことをお勧めします。

 

 

不動産の売買って高く売れれば良いてものではないんです。

 

いかに売主と買主の意見を聞いて上手く擦り合わせてくるるのか?

 

どれだけ親身になってくれる営業マンと出会えるかが大事なんです。

 

でも中々そんな良い人に出会えるものでまないんです…。


不動産一括査定サービスを使え!

 

先ず土地を売るには2パターンの方法が有ります。

 

@不動産会社が買い取る

 

A個人間の売買を不動産会社が仲介する

 

この2つのどちらかに成りますね。

 

どちらのほうが高く売れるかというとモチロンA個人間の売買です。

 

では一般的に土地を売りたいという時はどうしたらいいのでしょうか?


 

実は難しいことでは有りません。
することは3社から4社の不動産屋さんへ声をかけて、見積もりしてもらうだけです。

 

不動産の売買は安心、誠実が一番のポイントに成ります。

 

ただ高く売れれば良いというわけでもなく、こちらの意図を汲んでくれる営業マンに出会えるか?が大きなポイントになるのです。
だからこそ、数社に声を掛けるのが一般的なんですね!

ここのサービスが凄い!!

イエイ

 

不動産売却の鉄則、一括で条件を入力することで、複数の不動産会社に一括で依頼することが出来るのです。

 

複数で見積りをしてもらうからこそ、知らないうちに安く買い叩かれてしまうことを防げるのです!

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓

 

一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に

 

初めより売却価格が【485万円高く売れました!】

 

不動産価値は不動産屋さんによって変わります!

今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます