手順 手続き

土地を売る時の手順と手続きは?

 

土地を売るときには、不動産会社にまず査定を依頼することが必要になります。

 

不動産会社との相性などもありますので、一括査定でまず査定をしてみて、気になるいくつかの会社に実際に査定に来てもらうようにするといいですよ。

土地を売りたいと思ったら先ずは何をすれば良い?

 

 

土地を売りたいと思ったときには、まずは何をすればいいと思いますか?

 

不動産屋さんに依頼をして、まずは土地の価値を査定してもらうということも大切です。

 

その時には、必ず複数の不動産会社に対して査定を依頼するということが重要です。


土地というものは、基本的には不動産会社によって大きく価格が変わって査定されるということあまりありません。

 

これは土地には公示価格というものがあり、ここから路線価格といった実際に売買される価格を査定して行くため、不動産会社によって大きく価格が変わるということはありません。

 

ただ、不動産会社と売主の間には、やはり人間関係が生じますので、そこで相性なども出てきますよね。

 

この不動産会社と取引をしたいか、売却のパートナーとして信頼できるのか。という点は、どうしても直接話をしなければ分からないことです。

 

いくつかの不動産会社に連絡をしてみて、実際に査定をしてもらいながら、その不動産会社との相性をチェックすることは大切ですよね。
最近では不動産査定はインターネットを使って一括依頼をして、その中から気になる不動産会社だけ実際に査定に来てもらうという方法を取る人も増えてきています。

 

複数の不動産会社とコンタクトを取る方法としてはおススメです。
NTTデータが運営している「HOME4U」やディーエムソリューションズが運営する「不動産査定エージェント」などが人気がある一括査定サイトになっています。

土地を売る手順と手続きは?

 

簡単に土地を売る手順と手続きを紹介してみたいと思います。

 

①まずは、土地を売るときには、その土地の価格を算出する必要があります。

 

②一般的には不動産会社に査定を依頼して、土地の売却金額を決定します。
土地の売却金額は高すぎてもいけませんし、安すぎてもいけません。

 

ある程度時間をかけて、複数の業者と相談をして、売り出し価格を決定し、売却のパートナーとなる不動産会社を選んで契約をすることになります。

⇒ 土地の立地条件と査定価格の関係

 

③契約の方法はいくつかあります。
専任媒介契約や専属専任媒介契約、そして一般媒介契約という種類があります。

 

専任媒介契約では一社としか媒介契約をすることができず、さらに専属という言葉が付くと、自分で買い手を見つけた時でも、成約することが出来ません。

⇒ 土地売却、専任媒介って何?

 

一般媒介契約の場合には、複数の業者と契約することが出来ますが、販売活動などが手薄になるというデメリットがあります。

⇒ 土地売却、一般媒介って何?

 

このような違いをしっかりと把握して、契約をすることになります。
この時点では基本的には費用は発生しませんよ。

 

仲介契約を行うと、実際に販売活動は不動産会社が行ってくれます。
売主は買主が合が割れるのを待っているだけという状態です。
買主が現れると、土地の状況などを確認して、購入する意思を表してくれた場合には、価格の交渉が行われることもあります。

 

④双方が価格などの面で合意に至ると、売買契約を締結することになります。
買主は手付金を支払ってくれますので、売り主はこの手付金を受け取ります。実際に売買代金を受け取り、不動産会社に仲介手数料を支払い、買主に引き渡しを行えば、売り主としての手続きは終了になります。

 

⇒ 土地を売りたい時の道標~高額物件の注意点

まとめ 土地を売る時には、よいパートーナー選びから!

 

土地を売る際にも人間関係は生じますから、不動産に査定をしてもらいながら
相性をチェックするのは大切かもしれません。
インターネットを使用して複数の不動産を調べるのよいパートナーを見つける方法ですね。
まず費用が発生するまえに、デメリットにならない契約を選びを手順を踏むことが土地を売る一歩ともいえるでしょう。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます