土地の売却、不動産屋の専任契約はするべき?

 

土地を売却するときには、不動産屋を使い、媒介契約をした方がいいのでしょうか。

 

その時には、専任契約をした方がよいのでしょうか?

 

まず、この専任契約というのはいったい何なのか。ということを知る必要がありますよね。


 

専任契約は、仲介を依頼するにあたり、不動産会社を1社に限定して、契約をするという契約方法です。
不動産会社は販売活動を積極的に行い、2週間に一回以上はその報告が義務付けられますし、レインズに契約から7日以内に登録しなければならないなどの義務が生じます。

 

代わりに、売り主は他の不動産会社とは契約をしてはいけないという決まりになっています。
土地の売却に不慣れな方であれば、この専任契約をお勧めします。

 

専任契約をすることで、不動産屋はその土地が売れれば利益を上げることが出来るため、積極的に売るための情報などを提供してくれます。
もし、自分自身で買い主を見つけた場合には、不動産会社を通さずに売買をすることも可能です。

 

土地の売買に関するノウハウなども、専任契約を行うことで知ることもできますし、不動産会社を通して売買契約が成立した場合には、司法書士などの専門家を紹介して売買契約を締結するために必要な手続きなども一緒になって行ってもらえますので、不慣れな人は、専任契約がいいですね。

 

ただ、土地の売却に慣れている。という人の場合には、専任契約をしなくても良いと思います。

 

⇒ 土地売却、専任媒介って何?

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます