土地活用にチャレンジしてみよう!

 

自分で家を建てる、などと明確な意識をもって購入した土地を持っている、ということであれば、そこになんらかアクションを起こしていくと思いますが、相続などで、意図せずに土地を手にした場合古い家が建ったまま放置してたり、荒れ地のまま放置…という場合もあるのではないでしょうか。
自分の名義の土地になっていたら、毎年税金だけは払わなければならないわけですから、何もせずにいると、持っているだけで「損」ということに。
まずはそんな土地をどうしていくのがいいのか、ここでは「土地活用」について簡単にご紹介します。


土地活用ってなに?

 

土地があったら、どう運用すれば利益が上がるのか?
利益が上がれば、固定資産税も無理なく払えますし、それ以上にお金が手元に残ることになりますよね。
例えば1000万円のお金を貯金していた場合、微々たる利息がつくだけですね。

 

 

1000万円の価値がある土地があったとした場合、なにもしなければ個性資産税分出ていくだけですが、そこを駐車場として運用したら、月額1万円で10台貸せたとしたら月10万円利益を生んでくれるということ。
もちろん初期投資も必要ですので一概にはいえませんが、うまく活用できれば、お金をそのまま預けておくだけよりも、ずっと高利回りでお金を生み出してくれる場合もあるってことです。

 

土地活用…具体的な方法はどんなもの?

 

具体的には、土地活用は以下のようなものがあります。

 

コインパーキング 

 

比較的初期投資は少な目 ただし古家を取り壊してコインパーキングにすると、税金面では不利になります。

 

賃貸物件を建てる

 

一戸建ての家を建てる、アパートを建てるなどして、家賃収入を得る、という土地活用。
貸し家の場合税金面では有利ですが、借り手がつかなければ、建てたローンが払えなくなるリスクもあります。

 

トランクルーム

 

初期投資は比較的少なくて済む。ただしこれも借り手がついてこそ利益を生むので、そこのマッチングが重要になる。

 

テナント物件を建てる

 

お店などが入ってもらえるような箱ものを建てて、入居者に入ってもらい、賃料をもらうという活用法。
駅近であるなど、立地条件が良ければ、かなり利益を生んでくれる場合もあり。

 

貸地

 

土地を丸ごと、貸し出す。うまくいけば、初期投資をほとんどしないで、利益を生み出せる場合も。

 

他にも活用法はありますが、主なものはこんなところでしょうか。
まったく何もしないで放置しているだけでは、税金だけを吐き出すことになってしまいますので、その土地がどういった活用方法だとうまく回るか考えて、適した活用方法をチョイスするのが大事です。

 

リスクも想定し、知識がなければ専門家と相談しながら運用を

 

土地は所有しているだけでは、何も生み出さないばかりか、税金だけはしっかりと持っていかれます。
固定資産税は家が建っている場合、それほど大きくはないものの、やはり何の収入もない状態でも出て行ってしまいます。

 

土地活用をすれば、毎月、毎年一定の収入が見込めるようになるため、税金はもちろん、活用した際にローンを組んでいても、収入からまかなうこともできます。

 

ただし、土地活用はメリットばかりではなく、デメリット、リスクもつきもの。
ハコを造っても、入ってくれるひとがいなければ、建てたお金のローンだけを支払い続けなければならなくなってしまうこともあり得ます。

 

メリットとデメリット、リスク、またその土地が何に適しているかをしっかりと見極めたうえで、活用するのが大事。
とはいえ素人では、なかなかどのやり方が適しているか判断しにくいものですので、知識がない場合は専門家のアドバイスを受けつつ、検討することをおススメします。
また利益を見込めそうな提案をもらったとしても、すぐには契約せず、信頼できる知識のある人、あるいは土地活用の経験をもつ知人などに相談してから、話を進めるほうがよいでしょう。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます


土地活用にチャレンジしてみよう!記事一覧

空地があると、それだけでも固定資産税や維持管理費があれこれとかかってくるものです。相続などで譲り受けても、自分が暮らす予定がないなら、何らかの形で活用しなければ、ただお金が出ていくだけの「厄介者」になってしまうかもしれませんね。そういった土地を活用するのによく聞くのが「賃貸物件(アパート)経営」。その土地にアパートを建て、家賃収入を狙う、というもの。ここではそんな「賃貸物件(アパート)経営」による...

空いた土地を何かのかたちで活用したい、というときに、比較的初期費用も少なく始められるのが「トランクルーム」です。以前はコンテナをポンと置くようなかたちのものが主流でしたが、最近はもう少ししっかりした建物を建てて、納められるようになっているものもありますね。それでも賃貸物件などを建てるよりは費用がかからず、はじめやすい土地活用として注目されています。ここではそんな「トランクルーム」の始め方、また実際...

比較的開けた土地で、幹線道路に面している、などといった場合、その土地ならテナント貸しするとよいかもしれません。スーパーや飲食店などは、立地条件が良ければそれなりの大きな賃料で契約してくれるでしょうから、そういったお店のテナント物件を建てて土地活用すると、思わぬ大きな利益を生んでくれることも。しかしこういった土地活用も、まったくリスクがないわけではありません。ここではテナント物件を建てる土地活用とは...

遺産相続などで思わぬときに土地を相続されたら、何か活用したほうがいいのかと思案するものです。立地的に自身が暮らしてきたエリアと近いなら、自分の家をそこに建てて暮らすのもいいですね。でもこういったケースは、自分自身が土地を探して、理想的なところを見つけて家を建てるのとは、やや異なるもの。ここでは譲り受けた土地を「自己使用」するなら、どんなことが想定されるか?気を付けておくべきポイントは何か、考えてみ...

親や祖父母が農家だった場合など、その家族や親せきがその土地を譲り受けた場合など、遠隔地であったり、また農業の経験がない場合、土地があっても使いようがない、ということ、ありますよね。農業もそう簡単に技術を習得できるものではないですし、やすやすと大きく儲けられるものでもありません。そういったこともあり、農地を譲り受けた場合、どうしていいかわからなくて困ってしまうことが多いようです。ここでは使わない農地...

自分自身が能動的にとある「土地を購入」した場合は、例えば「マイホームを建てよう」とか「お店を開こう」といった具体的なビジョンがあるものですよね。そういった場合は、計画をそのまま進めていくだけですが、親族が他界したなどで相続した土地などだったら、相続したものの、どうしたいいかわからないので放置…というケースもあります。しかし土地を所有していると、それだけで維持管理費や固定資産税などが出ていくので、そ...

土地は持っているだけでも、税金は毎年出ていくものですし、ある程度管理をしないと、不法にゴミを投機されてしまうなど、問題も起こります。1970年ごろから、そういった土地を持っているなら、何らかのかたちで活用するほうが、多少収入も見込めるしよい、と言われ始めたのですが、これがいわゆる「土地活用」というやつです。そしてその後1990年ごろから言われだしたのが「不動産投資」というもの。ある時期ただ不動産を...

それなりの広さの空地を所有していると、上物が建っていなければ、固定資産税もばかにならないですよね。何か活用できないか?と考えたときに思いつくなかのひとつが「太陽光発電」。大きな会社などはわざわざ郊外の安い土地を買い取って大規模な「メガソーラー」の設備を作るところもあるくらいですから、もしかしたらかなり儲かるの?と思ってしまいますね。ここでは空地を太陽光発電で活用する方法や注意点などについて、みてい...