空き地を駐車場にして貸す時のメリット・デメリット

 

少し大きな駅などの駅前には、以前であればアパートや雑居ビルなどが立ち並んでいた光景が多くみられました。
でも、最近ではこのようなアパートや雑居ビルが姿を少なくして、代わりにコインパーキングなどの駐車場が目につくようになってきたと思いませんか?


空き地をコインパーキングにするのはどうなの?

 

アパートや雑居ビルなどを所有していた所有者が亡くなり、相続などによって代替わりをする時などに、古くなってしまったアパートや雑居ビルなどを取り壊した。という人も多く、空き地となったその土地に新たにアパートや雑居ビルを建設する資金はないために、コインパーキングなどとして貸し出すことを選んだ。という人が実はとても多いそうです。

 

コインパーキングなどは基本的に手持ち資金が少ない状態でも設置することが出来ますし、収益性という意味ではかなり収益を上げることが出来るということで、土地の有効活用方法としては人気になってきています。

 

特に、少し大きな駅などであれば、車で駅までやってきて、駐車場において電車などで出かける。という方も多いために、空き駐車場となるケースが少ないというメリットもあるんです。

 

このようなコインパーキングは「タイムズ駐車場」や「リパーク」といった駐車場会社に相談をして設置することもできますし、ある程度自分で整備をして、不動産会社などに仲介してもらい、月極め駐車場として貸し出すという方法もあります。

 

駐車場経営の4つの種類

空き地を駐車場にするメリット

 

駐車場にするメリット

 

 

空き地を駐車場にするメリットは、まずは収益を上げることが出来るという点があります。初期投資を少なくて済む月極め駐車場であれば、初期投資は早めに回収できますし、初期投資がかかるコインパーキングであれば、管理も楽ですよ。


空き地を駐車場として貸し出すことにはどのようなメリットが存在しているのでしょうか。

 

まず、アパートや雑居ビルなどを建設するのに比べると、明らかに初期投資が少なくて済むというメリットがあります。
駐車場の中でも初期投資が少なくて済むといえば、月極め駐車場になります。

 

ある程度土地を整地し、区画を区切って貸し出すタイプの月極め駐車場であれば、初期投資は比較的簡単に回収することが出来ます。それ以降は収益を上げていくことが出来ますよ。

 

仮に管理を不動産会社などに委託したとしても、その手数料は10%程度になりますので、土地を所有している人に入る収入はかなり大きなものになりますよね。

 

ある程度初期投資費用があるという場合には、コインパーキングとして貸し出しをしてもいいですよね。
タイムズやリパークといったコインパーキングは、空き地を駐車場として整備し、さらに料金ボックスや看板、管理する為のツールなどを委託して収益を上げることが出来ます。

 

収入の一部は運営会社に支払う必要が出てきますが、それでも土地として活用せずに放置しているよりは、収益を上げることが出来ますのでメリットは高くなります。
アスファルトなどで整備することで、雑草が生い茂ると言ったようなこともなくなりますので、管理面が楽になるというメリットも存在してきますよ。

初期費用をどのくらいかけるのかによってもメリットは変わってきますが、遊休地や空き地として放置するよりも、収入を得ることが出来るというのは大きなメリットですよね。

空き地を駐車場にするデメリット

 

駐車場にするデメリット

 

 

駐車場として空き地を利用した場合でも、借りる人がいなかったり、貸したとしても駐車料金を滞納されてしまう事もありますし、自動車を放置されてしまう事もあります。

 

コインパーキングの場合にも、初期投資が必要です。


 

空き地があるからといって駐車場にしてしまうことには、デメリットも存在しています。

 

まず、駐車場にしたからといって、必ず契約者が現れるとは限りません。
場合によっては、せっかく駐車場として整備しても、利用者がいないために初期投資が回収できない可能性も、ゼロではありませんよね。

 

空き地にロープなどで駐車区画を仕切っただけというような土地の場合には、雑草などが茂ることがないように小まめに管理をする必要もあります。
管理が不十分な場合には、利用者からクレームが入ってくることも十分に考えられますよ。

 

月極め駐車場として貸し出したとしても、中には駐車場代金を支払わずに使用する人もいますし、放置自動車と化して、撤去することもままならない車両が放置されてしまう可能性もあります。

 

土地は自分の所有物であっても、車は他人の所有物なので勝手に移動させることが出来ません。
このようなリスクも存在していることは忘れない方がいいですよね。

 

コインパーキングとして貸し出しをした場合でも、しっかりと整備をする必要があるため、初期投資は高くなります。
また、アスファルトなどを引き詰めるため、場合によっては駐車場から他の用途に転換しようと思ったときには、アスファルトを撤去する費用などが高くついてしまう可能性もありますよ。

 

駐車場は他人が絡むのでトラブルが絶えないのが本当のところです。

 

単純に土地活用法として駐車場が良い。
とという訳にはいかないようです。

まとめ 空地を駐車場には立地条件が重要!

 

空地になっているところが、どんな場所か、立地条件がよければ、手持ちが少なくてもはじめられるコインパーキングがおすすめです。
大きな駅など利用者が多ければ、収益が増えるので有効活用といえます。

 

逆に、立地が悪く利用者が全くいなければ初期投資もまかなえず、管理もできず雑草だらけとなってしまいますので、場所がどんなところかが重要になります。

 

また、自分の所有地でありながら、他人の車を勝手に移動させることが出来ませんので、このようなリスクがあることも覚えておくことも大切です。
交通量は多いか、駐車場利用者を見込めるかとリサーチしておくことが大切ですね。

土地活用の相談をしてみたら?

 

空き地がある場合、駐車場にして貸し出すだけではなく、様々な活用方法があります。

 

しかし土地活用は立地などによって最適な方法が変わるので、土地活用専門の会社に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

そう言った土地活用のアドバイスをくれる会社はたくさんあるのでリビンマッチ土地活用無料一括のような無料サービスを利用すると効率的に見つけることが出来ます。

空き地を駐車場にして貸す時のメリット・デメリット記事一覧

筆者も車で出かけたときにちょくちょく利用するようになった便利なパーキングサービスが「akippa」。最近はコインパーキングも多くなり、値段も落ち着いてきましたが、ある程度行った先にパーキングがあるのを確認していっても困るのが「満車」になっている場合。そうなると泣く泣く遠かったり、高いほうのパーキングに入れるしかありませんが「akippa」なら事前に予約ができるので、悠々出向くことができるんです。こ...

空地を何とか活用したい、と考えたときに、最も手っ取り早いのは「月極め駐車場」にすることかもしれません。「月極め駐車場」なら初期投資もそれほど大きくなく、借り手さえ確保すれば、ある程度毎月一定の収入が見込めます。ここでは空地を「月極め駐車場」として運用するにはどうすればいいか、みていきましょう。

相続で譲り受けた土地などがある場合、そこに住む予定などがなければ、どうしても面倒で放置しがちです。しかし放置しているだけでも、衛生面や管理の費用、税金は出ていく一方となってしまいますので、何か活用できないか、と考えるもの。そういったときに一番シンプルなもののひとつが「時間貸し駐車場」「コインパーキング」ではないでしょうか。ここでは空地をコインパーキングにする場合、どのように行動すればいいのか?とい...