専任媒介について

 

私が土地を売却した時は、不動産屋さんが積極的に動いてくれる専任媒介契約を選びました。

 

早く買い手が見つけられるのがこの専任媒介契約です。ここでは「専任媒介契約」について詳しく紹介しています。


土地売却、専任媒介って何?

 

不動産会社に依頼をして地と売却をする場合の契約の一つに、専任媒介契約があります。
この専任媒介契約というのは、一体どのような契約になるのでしょうか。

 

例えば、自分が製作したものを販売しようとするときに、沢山の商品が並んでいる棚の端っこに、とりあえずおいておくね。売れたらいいね。という状況と、お店のレジのすぐ横においてくれて、来店するお客さんにおススメしてくれる場合とでは、どちらが早く売れるかといえば、やはりレジ横でお勧めしてくれる商品の方が、早く売れそうですよね。

 

このレジ横でお勧めしてくれるように頼む契約が、専任媒介契約になります。

 

土地を売却する販売活動は、一件の不動産会社だけに依頼をして、販売活動を積極的に行ってもらう。というのが、この専任媒介契約なんです。

 

他の不動産会社に販売活動をしてもらうと言った契約をすることが出来ませんが、買主さんを自分自身で探して、直接契約をすることも可能です。
また、不動産会社が利用するレインズというネットワークにも契約日から7日以内には登録してもらうことが出来ますので、このレインズを利用している不動産会社が目にする機会もありますよね。

 

不動産会社は2週間に1回以上は必ずどのような販売活動を行い、どのような反響があったのか、今後はどのような戦略で販売活動を行った方が良いのかなどを提案してくれるんですよ。積極的に販売活動をしてくれる契約といえます。

土地売却、専任媒介のメリット・デメリット

 

 

土地売却で専任媒介契約を選ぶデメリットは、1社としか契約が出来ない点です。担当者との相性が悪くても、契約終了までは他の会社とは契約できません。
必ず2週間に1回以上は報告をしてくれる、レインズには7日以内に登録してもらえる、積極的な販売活動が期待できる。といったメリットもあります。


 

土地を売却するときに不動産会社と専任媒介契約を結んだ場合には、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

メリット

 

まずメリットを上げると、専任媒介契約では、必ず2週間に一回以上の報告義務が不動産会社には課されます。

 

実際に行った販売活動はどのようなものなのか、そしてその販売活動を行ったことによって、問い合わせなどがあったのか。ということなどを報告してもらうことが出来ます。

 

その状況によっては、不動産会社からのアドバイスなどを得ることが出来ますし、今後の販売活動をどのように進めていく方が良いのかなども、相談する機会が多くなります。
レインズへの登録も契約から7日以内に行ってもらうことが出来ますので、物件情報を目にする買主も多くなってきますよね。

 

専任媒介の場合には、もし買主を自分で見つけた場合でも、直接契約をすることも可能です。

 

デメリット

 

デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
まずは一件の不動産会社としか契約ができない。というものがあります。

 

販売活動を一件にお任せする必要があります。

 

デメリットと言えばこの点のみ、が目立つものになります。担当者との相性が悪かった場合でも、契約が切れるまではその不動産会社とお付き合いをしなければならないという点も、あげるとしたらデメリットになりますよね。

 

多くの不動産会社はこの専任媒介契約を勧めてくるのには、やはり理由があります。
デメリットよりはメリットの方が大きい方法になっているんですよ。

まとめ 専任媒介契約は販売活動に積極的!

 

販売活動を一件にお任せする必要があるので、相性が合わなかったら….と不安が少々ありますが、進め方にアドバイスや提案をしてくれ、必ず2週間に一回以上の報告をしてくれます。買主を見つけた場合でも、直接契約をすることも可能という点でメリットがあります。
不動産を一件だけに絞りますが、販売活動に積極的なところが専任媒介契約の何よりの特徴でしょう。

土地を売る手順

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます