土地を売る時の必要書類は何が必要?

 

土地を売りたいとなった時には一体どの様な書類が必要なのでしょうか? ココでは売買契約手続きで必要な書類を上げておきますね! 意外と行政書士さんに頼むから難しいことは無いんですけどね!

土地を売るときの手続きの仕方

 

実際に土地を売却するときには、どのような書類が必要になるのでしょうか。
必要になる書類はかなり多いので、少しずつ準備して置くと便利ですよね。

 

●必要書類一覧

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 固定資産税の納税通知書
  • 固定資産税評価証明書

 

 

まずは、土地を売却する人の確認資料が必要になります。

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票

 

が必要になります。

 

もし、土地の所有者が複数人いる時

 

すべての人の

  • 身分証明書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 住民票

が必要です。

 

次に、その土地の権利を証明する書類が必要になります。

 

平成17年以前に土地を取得した場合には、登記済権利書という書類が法務局より公布されています。
平成17年以降に土地を所有した場合には、登記識別情報というものが発行されています。

 

どちらかが必ずありますので、用意しておきましょう。

 

土地を所有していると、固定資産税を支払っていますよね。

 

  • 固定資産税の納税通知書
  • 固定資産税評価証明書

も必要になります。

 

固定資産税は1月1日時点での所有者に対して、年間の固定資産税が課税されますので、一般的には不動産を取得した時期に応じて買主側から売主に対して負担額を調整して払い戻しを行うことになります。

 

払い戻しが不要という時には、必要がありません。
実際の土地の形状や面積、境界線などを明示した土地測量図や境界確認書も必要です。
あとあとトラブルなどが発生しないようにするためにも用意しておきましょう。その他、あると良いものとしては地盤調査報告書などがありますよね。

 

⇒ 土地を売るときの注意点

土地を売る手順
※土地を手放す時の流れを紹介しています。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます