土地売りたい!高く手放す手順と手続き

 

 

 

土地を手放したいけど、まず何から初めたらいいのか分からない…。


 

なるほど!
では土地を売る時の「流れ」「手続き方法」「必要書類」
一番はじめにすることから解説しますね。


 

土地を売るときには、不動産屋さんの協力が必要不可欠です。

 

売却価格を決めるにしても、まず査定をしなければなりません。

 

不動産会社選びは、担当者との相性も重要なので、まず複数社で査定をしてもらい、いくつかの不動産屋さんに実際に来てもらうところから始まります。

土地を売りたいと思ったら先ずは何をすれば良い?

 

 

 

土地を売りたいと思ったら、一番はじめに何をしたらいいの?


 

まず不動産屋さんを探すところから始まります。

 

不動産屋さんには「仲介」依頼をするのですが、その過程で土地の販売価格や戦略を話したりします。


 

不動産屋さんを探す時には、必ず複数の不動産会社に対して査定を依頼するのが重要です。

 

基本的に土地というものは、不動産会社によって大きく価格が変わって査定されるということはあまりありません。

 

これは土地には公示価格というものがあり、そこから路線価格といった実際に売買される価格を査定して行くため、不動産会社が変わっても算出される金額は似通ってきます。

 

しかし不動産は高額なため50万~100万円の差が出てしまうのはよくあることです。
また、不動産会社と売主の間には、やはり人間関係が生じますので、相性による影響も出てしまいます。

 

「どの不動産会社と取引をしたいのか」「売却のパートナーとして信頼できるのか」という点は、どうしても直接話をしなければ分からないことです。

 

いくつかの不動産会社に連絡をしてみて、実際に査定をしてもらいながら、その不動産会社との相性をチェックすることは大切ですよね。
最近では不動産査定はインターネットを使って一括依頼をして、その中から気になる不動産会社だけ実際に査定に来てもらうという方法を取る人も増えてきています。

 

複数の不動産会社とコンタクトを取る方法としておすすめです。
NTTデータが運営している「HOME4U」やディーエムソリューションズが運営する「不動産査定エージェント」一括査定の先駆けである「イエウール」などが人気がある一括査定サイトになっています。

土地を売る手順と手続きは?

 

 

ここからは、かんたんに土地を売る手順と手続きの流れを紹介します。

 

その前に、特に悩む部分を解説しておきますね。


 

土地売却の流れ

 

①その土地の価値・価格を算出する

 

まずは、土地を売るときには、その土地の価格を算出する必要があります。

 

②不動産会社に査定を依頼→売却金額を相談・決定

 

一般的には不動産会社に査定を依頼して、土地の売却金額を決定します。

 

土地の売却金額は高すぎてもいけませんし、安すぎてもいけません。

 

ある程度時間をかけて、複数の業者と相談をして、売り出し価格を決定し、売却のパートナーとなる不動産会社を選んで契約をすることになります。

 

⇒ 土地の立地条件と査定価格の関係

 

③売却の方法は【買取り】と【仲介】・【一般】と【専任】があります

 

売買契約までの方法はいくつかあります。

 

  • 【買取り】…不動産会社に直接買い取ってもらう
  • 【仲介】…購入者との仲介をしてもらう
  • 【専任】…1社の不動産屋さんに任せる
  • 【一般】…多数の不動産会社から購入者を集う

 

専任媒介契約や専属専任媒介契約、そして一般媒介契約という種類があります。

 

土地の【専任媒介】売却

 

専任媒介契約では一社としか媒介契約をすることができず、さらに専属という言葉が付くと、自分で買い手を見つけた時でも、成約することが出来ません。

 

土地の【一般媒介】売却

 

一般媒介契約の場合には、複数の業者と契約することが出来ますが、販売活動などが手薄になるというデメリットがあります。

 

※媒介契約とは、売買の「仲介」に入ってもらう契約の事です。

 

このような違いを把握して、媒介契約をする必要があります。
この時点ではまだ費用は発生しません。

 

媒介契約を行うと、実際に販売活動は不動産会社が行ってくれ、売主は買主が現れるのを待っているだけという状態です。

 

買主が現れると、土地の状況などを確認して、購入する意思を表してくれた場合には、価格の交渉が行われることもあります。

 

④売買契約の締結

 

双方が価格などの面で合意に至ると、売買契約を締結することになります。

 

買主は手付金を支払ってくれますので、売り主はこの手付金を受け取ります。実際に売買代金を受け取り、不動産会社に仲介手数料を支払い、買主に引き渡しを行えば、売り主としての手続きは終了になります。

土地売却の流れ~先ずは全体の流れを把握しましょう!

 

 

では、もう少し詳しく順を追って土地売却の全体の流れを解説します。

 

大金が動くので、だいたいの流れをイメージして注意点を把握しましょう。


 

 

 

 

相場価格をしる

 

相場価格をしる

 

売りたい土地がどのくらいの評価額が有るのかを調べる必要があります。

 

土地の価値は「地域」・「条件」によって相場があるので、SUUMOHOME´Sのような不動産サイトでにた条件のから物件のおおよその相場を調べておきましょう。

 

不動産の販売価格はおおよその価格ですので、不動産屋さんによって違いますので注意しましょう。

 

 

あくまでも販売希望価格で、この価格で売れるとは限らないのも忘れずに居ましょう。

 

 

査定をして仲介してもらう不動産会社を探す

 

土地売却の流れ

 

おおよその価格相場を調べたら、不動産会社に査定をしてもらい土地を売買するときの仲介に入ってもらう不動産屋さんを選びます。

 

 

業者選びによって高く売れたり、逆に売れ残ってしまったりする重要なポイントになるため慎重に吟味しましょう


 

 

 

 

    業者選びのポイント

     

  • 複数社に見積もり依頼をする
  • 自分が想定していた相場に近い会社をチェック
  • 相場と違う場合は金額の根拠をきく(見落とした理由があるかも?)
  • 電話など会話から営業マンとの相性をみる
  • 土地売買の経験が豊富である(大手の場合新人が担当になる事も…)
  • 大手だけでなく地域に根差した不動産屋さんにも査定を依頼する

 

業者選びには不動産【無料・一括査定サービス】を利用するのが便利

 

 

不動産屋さんを探す場合、一括見積サービスを利用すると簡単に見つけることが出来ます。

 

もし利用しないならば1社1社自分で調べ、問い合わせをしていく必要があります。

 

しかし、このサービスを使用することで、あなたの地域に対応した「大手~中小の不動産会社」の一覧が表示されます。

 

更に便利なのが、「その中から任意の会社を選んで申し込むことができる」ので、無駄に連絡がきすぎることもありません。

 

無料で利用できますので、活用しましょう。一括見積はこちらから申し込みができます。

 

媒介契約を結ぶ

 

土地売却の流れ

 

仲介を依頼をする不動産会社が決まったら、正式に売却依頼をするために「媒介契約」をむすびます。

 

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3パターンの中から選びます。

 

3つの「媒介契約」の違いは?

 

媒介契約の種類

 

一般媒介 専任媒介 専属専任媒介
他不動産会社への依頼 可能 不可 不可
契約後の親密度 少ない 多い ひんぱん
自力で探し売却 可能 可能 不可

 

 

私のおすすめは「専任媒介契約」です。


 

●一般媒介と専任媒介の成約件数データ

 

成約件数
一般媒介 23,878
専任媒介 78,538
専属専任媒介 50,107

※引用元:RETIO(公益財団法人-不動産流通推進センター-2018 不動産業統計集)

 

※ 取引成約件数が多い区分ほど、「一般媒介」という回答割合が高い傾向にある。

※引用元:RETIO(公益財団法人-不動産流通推進センター-2018 不動産業統計集)

 

上記のデータがありますが、一般媒介は請け負った不動産屋さんの優位性が無くなるため、専任媒介契約が多くなっている傾向にあります。

 

価格はそれなり、とにかく売りたい場合は「一般媒介」を利用し、高く売りたい場合(依頼された不動産屋さんの利益もとれる)は、「専任媒介」を利用するのがおすすめです。

 

売却活動(買い手探し)

 

土地売却の流れ

 

不動産屋さんと媒介契約を結んだらいよいよ買い手探市が始まります。

 

不動産屋さんに頼めば、勝手に買い手を探してくれる訳ではなく、チラシ広告など販売戦略を話し合います。

 

この時に販売価格の設定や、値引き対応などを相談して決める必要があります。

 

販売価格と成約の関係

 

売り出し価格の設定

 

販売価格は相場より高すぎたらなかなか売れません。だからと言って安くしすぎると損してしまうので、ほんの少し高めに設定し、値引き交渉で対応するというのが一般的です。

 

とにかく早く手放したいのか?

 

それとも時間が掛かっても高く売りたいのか?

 

売却の意向を不動産屋さんと打ち合わせておきましょう。

 

売買契約を結ぶ

 

土地売却の流れ

 

購入したいという人が現れ、金額の折り合いも付いたならば売買契約をします。

 

これは権利移行にともない、お互いの取り決めをしるした契約書です。

 

契約書の作成は、不動産屋さん又は契約に携わる司法書士の先生が用意してくれます。

 

※不動産売却に伴う司法書士の必要性
不動産取引を安全かつ円滑に進める中立な専門家です。
不動産の売買は「登記(権利の登録)が完了することで売却完了」です。
登記は、自身での手続きも可能ですが、トラブルへの対処などリスクが伴います。

 

この契約が成立すると簡単には取り消すことが出来ません。

 

売買契約

 

権利移行と代金決済

 

土地売却の流れ

 

売買契約をむすんだら、権利の移行と売却代金を確実に決済してもらいます。

 

一般的に売買契約を結ぶと同時にこの手続きを行います。

 

お金の流れを確認するため、銀行に立ち合ってもらいます。

 

そのため、「売買契約+代金決済」を銀行にある一室をかりて取り行うことが有ります。

 

その場で入金の確認、立ち会っている司法書士へ登記簿の変更依頼をして完了です。

 

土地の売買成立

 

 

これにて晴れて土地の売却は完了です。

 

私の場合、売りたいと思ってから売却完了まで約2か月かかりました。

 

思っていたよりも難しくなく、頼れる不動産屋さんで良かったと思います。


【まとめ】土地を売る時は、よいパートーナー選びから!

 

 

不動産売買を他って見て一番重要だと思ったのは「不動産屋さんの対応」だと感じました。


 

いかに親身になってくれるか?

 

売る気のある担当者ならは、売却金額、売れるまでの時間にも影響します。
土地を売るにしても、よく話しお互いの考えを汲む信頼関係が重要なんですね。

 

不動産屋さんに無料査定をしてもらいながら、相性をチェックするのも大切かもしれません。

 

インターネットを使用して複数の不動産を調べるのは、よいパートナーを見つける方法として有効ですね。
まず費用が発生するまえに、デメリットにならない契約を選び、手順を踏むことが土地を売る一歩ともいえますね。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます