土地は更地にした方が高く売れる理由!

 

土地は一般的には更地にした方が高く売れると言われています。

 

やはり、土地に何もない状態の方が、新しい所有者にとっては自由度が増しますし、何か建物などがある状態だと、一度この建物などを取り壊して活用しなければならないことになりますので、取り壊す費用なども必要になるため、売買条件に更地渡し。というものが入ることもあります。


 

ただ、一概にすべての土地を更地にした方が良い。という訳ではないんです。
土地の上に立っている建物が、築20年以上で、家にそのまま住める状態ではないような場合でも、最近では中古住宅を入手して、リノベーションを施して住みたい。という人もいます。

 

このような人の場合、更地であることよりも、中古住宅がある状態の方が良いと思う人もいます。
また、中古住宅が建っていることで、買主は解体をしなければならないと思うかもしれませんが、売り主が解体をすると、どうしてもその解体費用が高くつき、当然土地の売価も上げる必要が出てきますよね。
確かに高く売ることが出来ますが、その分費用も多くかかってしまっているので、結果的には収益は下がってしまいます。

 

可能性として、リノベーションの為の中古住宅を探している人がいるのかもしれない。と考えて、古屋付きの土地として販売活動をしつつ、土地付きの中古住宅として販売活動をする。という方法を取る方が、実は高く売ることが出来る可能性は高くなります。

エリア入力であなたの住んでいる地域の業者と繋ぎます。

↓↓↓↓このサービスで事故物件を取り扱う業者が探せます↓↓↓↓


一括見積りで土地の価格が1,975万円→2,460万円に


初めより売却価格が【485万円高く売れました!】


不動産価値は不動産屋さんによって変わります!


今すぐ不動産の無料一括査定をしたい方はこちら

※「イエウール」の公式サイトへ行きます