土地を持つ・維持するメリットってあるの?

 

土地を持つメリットはあると思いますか?

 

土地は維持するだけでも固定資産税や整備費用などが掛かります。

 

でも、上手に運用する事でプラスにすることもあるのです。


収益化出来るか見定めろ!

 

土地を持つ、土地を維持することにメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?

 

かつては土地は保有しているだけでもかなり大きなメリットがありました。
それは、土地は持っていれば上がると言われていたためで、持っているだけで資産価値が高まると言われていたからです。


ですが、この土地神話と言われていた時代は終了し、土地は持っているだけでは決してメリットが高いとは言えなっくなりました。
その理由としては、土地は持っているだけで固定資産税や都市計画税と言った税金の納税が必要になりますし、土地を管理するという必要もあるからです。

 

でも、メリットが全くないという訳ではありません。
それは、土地を活用することが出来るというものです。

 

土地は活用することによって、収益を上げることが出来るようになります。その収益が税金や土地を管理する費用よりも高くなれば、当然高い収益性を得ることが出来ますよ。

 

まさに、土地を持つ・維持するだけではなく、土地を働かせることが出来れば、メリットがかなり高くなるということになります。

 

ただ、その働かせ方次第では、せっかく働かせても、結局収益を上げることが出来ないというデメリットも出てきてしまいますので、どのようにして土地を働かせればよいのかということを、土地有効活用を考える「旭化成」や「大和ハウス工業」などに相談をしてみるといいですよね。

 

駐車場ビジネスやアパート経営など、その土地に合った活用方法を考えてもらうことが出来ますよ。

 

そもそも空いた土地を持っている事自体とても恵まれています。

 

折角ある土地だから出来るだけ有効に使い、その使い方を見定める必要が有るのです。
でも、結果的に重荷に成ってしまうようでしたら意味が無いのでメリット・デメリットを正確に把握することから始めるのが重要になってきます。

 

間違っても、営業の口車に載せられて、安易にアパートを建ててしまうということは待って下さいね!

 

重要なのは黒字に出来るのか?ですから。

土地を持つ・維持するメリットって有るの?記事一覧

土地を持っていることで得られるメリットの中には、収入を見込むことが出来るというものがあります。土地を土地として持っているだけではとくにメリットを生むことが出来ませんが、土地を貸したり、土地の上に建物を建築し、その建物を貸すといった有効活用をすることによって、収入を見込むことが出来るんです。

土地を持つということにメリットがあるのか。ということはこのところよく言われています。実は、土地を持っているだけではメリットが高いわけではなく、土地を有効活用することによって、メリットが生まれてきます。その一つが税務対策になるというものです。